(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

導入事例

導入事例 / 新着導入事例

  • 2017年05月26日
    住友三井オートサービスのドライブレコーダ動画自動解析サービスに DMPの「ZIA™ Classifier」が採用されました

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役CEO 山本達夫、以下 DMP)は、DMPの画像分類エンジン「ZIA™ Classifier」が住友三井オートサービス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 露口 章、以下 住友三井オートサービス)の提供する、オートリース業界初のAIを活用したドライブレコーダ動画の自動解析サービスに採用されたことを発表します。

    住友三井オートサービスの本件に関する発表は、以下をご参照ください。
    http://www.smauto.co.jp/news/20170526AM1000.pdf

    DMPのZIA™ Classifierは、AIを活用してビデオなどの動画像データを効率的且つかしこく分類するソフトウエア製品です。車のドライブレコーダを例にすると、ドライブレコーダの動画データから、脇見運転、煙草、スマホといった危険動作を認識し、自動的に各危険動作に分類することが可能です。

    住友三井オートサービスでは、オート業界ではじめてAIを活用したドライブレコーダ動画の自動解析サービスを開始します。DMPは本サービスの開発にあたり画像分類エンジン「ZIA™ Classifier」と使い勝手の良いユーザーインターフェースの開発を担当し、住友三井オートサービスのオートリース業界初の新たなソリューションの実現に貢献しました。

    DMPは、今後もAI関連技術の提供を通じて、住友三井オートサービスが目指す事故のない安全で安心なクルマ社会の実現に向けて貢献します。

    ■ 本件に関するお問い合わせ先

    住友三井オートサービス株式会社 (URL: http://www.smauto.co.jp/)
    〒163-1434 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティビル
    担当: 広報・CSR室 江崎、中(ナカ)
    電話: 03-5358-6295、03-5358-6669

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (URL: http://www.dmprof.com/jp/contact/
    〒164-0001 東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス16F
    営業・マーケティング担当: 梅田宗敬 / IR担当: 伊藤宏幸
    電話: 03-6454-0450


    ■ 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)について

    2002年7月の創業以来、DMP (東証マザーズ: 証券コード3652) は、ビジュアル・コンピューティング分野で世界的なリーディングカンパニーになることを目指して、組込機器向けの高性能且つ小型GPU及びコンピューティング技術の研究開発を続けています。世界初や世界最小といった他社には真似のできないビジュアル・コンピューティング製品を次々と世に送り出し、ゲーム機やカメラといった民生製品や自動車、OA機器、産業機器、ヘルスケア製品などあらゆる分野に貢献を続けてまいります。
    尚、DMPは、OpenGL® ES・OpenVG™の仕様策定を行なうKhronos Group™並びにComputerVision技術の活用の促進をはかる業界団体「Embedded Vision Alliance (EVA)」のメンバーです。

    ©2017 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル DMP、DMPロゴは株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルの登録商標です。その他記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

PAGE TOP