(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

技術ブログ

技術ブログ / 新着記事

  • 2014年11月21日
    ET2014にant200をデモ展示

    DMPは、11/19から11/21の3日間、パシフィコ横浜で開催されているEmebedded Technology2014 (ET2014)にAltera社ブースに出展しています。

    今回のET2014では、DMPはAltera社ブースで、ant200をデモ展示しています。本邦初公開です。
    DMPのベクターグラフィックスは、デジタルカメラやプリンターなどの民生機器からカーナビなどの車載機器まで幅広いアプリケーションに採用されています。そのベクターグラフィックスの超最小規模化したant200は、今後FPGAを活用した次世代UIの製品開発に大きく貢献していけるものだと考えています。

    ET2014でのデモは、下記写真のようなTigar (ベクターグラフィックスの性能評価ベンチマークで標準的に使われているもの) やアプリのイメージを描画しています。デバイスは、Altera社FPGA Cyclone5というローエンドFPGAを採用しており、ローエンドFPGAでもGPUを活用することができることをアピールしたものとなります。

    IMG_0523 IMG_0521 IMG_0522
    (左から、写真1: Tigarを描写、写真2: ブース展示、写真3: Altera FPGA (Cyclone5) ボード)

    今、組込市場の大きな流れの1つとしてFPGAシフトが起こってます。今までマイコンや専用LSIで製品を開発されていたお客様が、エンドユーザの要求の多様化に伴い、製品が少量多品種化し、開発期間も短縮化してきているため、積極的にFPGAを活用し始めています。
    最近のFPGAは、ARM® CPUにUSBやPCIe等の標準インターフェース、DDRメモリコントローラを標準搭載しています。FPGAの場合、ユーザロジックを何度も書き換えが可能で、ASICのような製造期間(先端プロセスだと軽く3ヶ月以上はかかる)もありませんので、量産数量の減少化と開発期間の短縮化している中、製品開発の効率化を図っていく上で、お客様がFPGAを積極的に使う動きは今後ますます加速していくものと思います。

    DMPの世界最小規模のGPUコア「ant」は、IoTやウエアラブルをターゲットにしてますが、もう1つの位置付けとして市場のFPGAシフトに対応した製品となります。FPGAの世界では、サイズの小さいこと=FPGA単価の低減という論理が成立しますので、サイズの小さいantシリーズはFPGAに非常にフィットした製品となります。上記の通り、今後の市場のFPGAシフトの流れにフィットした時代にあった製品ともいえると思います。

    本日最終日となりますが、ET2014にご来場される際には、お気軽にAltera社ブースにお立ち寄りください。

PAGE TOP