(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

お知らせ・リリース

お知らせ・リリース / 新着記事

  • 2014年04月07日
    DMPが画像認識プロセッサIP「APEX ICP」の販売エリアを台湾に拡大

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、昨年12月より日本国内で販売を開始しているカナダCogniVue Corporation (本社:カナダ オンタリオ州オタワ、CEO Simon Morris) のComputerVision向けIP 「APEX Image Cognition Processor(以下、APEX ICP)」の独占販売対象エリアに台湾を加えたことを発表します。

    これにより、日本国内だけでなく、モバイル、自動車、民生機器などの分野で多くの有力な半導体メーカやセットメーカが存在し、今後画像認識分野で強い需要が見込まれる台湾においても、顧客が直接DMPからAPEX ICPのライセンスを受けることが可能になります。

    CogniVue社APEX ICPは、組込み機器におけるComputer Vision向けの画像処理に特化したフルプログラマブルなプロセッサIPコアです。APEX ICPは、歩行者、障害物、白線、死角エリアの認識を行なう車載カメラ処理、ジェスチャー認識、顔検出/顔認識などのComputerVision画像処理を、CPUやDSPと比較した場合、同じ電力と回路面積で100倍以上高速に実行することができます。すでに海外ではフリースケール・セミコンダクタ社のような大手半導体ベンダーにライセンスしており、品質要求の厳しい自動車用ASSPへ展開しています。

    DMPは、富士通セミコンダクターやルネサスエレクトロニクスといった大手半導体ベンダー製のSoCや携帯ゲーム機、デジタルカメラ、プリンターといったコンシューマエレクトロニクス製品向けに3D/2Dグラフィックス描画およびコンピューティング用途のGPU IPコアをライセンスしています。現在、10年以上培ってきたGPU IPの開発技術、IPビジネスの経験にAPEX ICPを加え、より強化されたヴィジュアルコンピューティングソリューションを日本のお客様にワンストップソリューションとして提供しています。

    今回の画像認識プロセッサIP「APEX ICP」の台湾での販売開始により、ワールドワイドで急成長している画像認識技術に対するベストソリューションを台湾のOEM/ODMベンダーに提案します。

    DMP 代表取締役社長CEO 山本 達夫 は、次のように述べております。

    「現在、確実に自動運転システム、ADAS、監視カメラを含む様々な分野で需要をましている画像認識技術は、今後、急速に成長していくウェアラブルデバイスやIoT(Internet of Things)の分野でも応用が見込まれています。DMPは、製造業で非常に重要な役割を果たしているマーケットの一つである台湾マーケットに最も付加価値の高い技術である画像認識技術APEX IPCを提供できることを嬉しく思います」

    CogniVue社CEO Simon Morris は、次のように述べております。

    「APEX ICPは、高速かつ省電力の組込み機器向け画像認識プロセッサIPコアですが、DMPとCogniVueそれぞれの技術的、地理的強みを合わせることにより、我々は顧客に対して短期間で全く新しいComputer Visionのマーケットへの参入を可能にする最も包括的なソリューションを提供できるようになります。DMPと共に我々のビジネスを日本、台湾に拡大することにより、APEX ICPテクノロジーはグローバルな画像認識ソリューションとして加速度的に成長していきます。」


    ■ CogniVue社について

    CogniVue Corporationは、オタワ (カナダ) に本社を置き、車載、産業機器、民生機器向けのComputerVision用画像処理プロセッサを開発しているベンダーです。CogniVue社に関するより詳細な情報は、www.cognivue.com でご確認いただけます。

    ■ 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (DMP) について

    2002年7月の創業以来、DMP (東証マザーズ: 証券コード3652) は、ビジュアル・コンピューティング分野で世界的なリーディングカンパニーになることを目指して、組込機器向けの高性能且つ小型GPU及びコンピューティング技術の研究開発を続けております。世界初や世界最小といった他社には真似のできないビジュアル・コンピューティング製品を次々と世に送り出し、ゲーム機やカメラといった民生製品や自動車、OA機器、産業機器、ヘルスケア製品などあらゆる分野に貢献を続けて参ります。
    尚、DMPは、OpenGL® ES・OpenVG™の仕様策定を行なうKronosグループ並びにComputerVision技術の活用の促進をはかる業界団体「Embedded Vision Alliance (EVA)」のメンバーです。

    ©2014 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル DMP、DMPロゴは株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルの登録商標です。その他記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

    ■ 本件に関するお問い合わせ先

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル
    担当: 梅田 (営業・マーケティング)
        伊藤 (IR)
    TEL: 03-6454-0495
    MAIL: info_06@dmprof.com
    WEBサイト: http://www.dmprof.com/contact/

PAGE TOP