(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

お知らせ・リリース

お知らせ・リリース / 新着記事

  • 2014年07月31日
    世界最小UI Drawing Engineの開発

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (本社: 東京都中野区、東証マザーズ: 証券コード3652、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP) は、GPUとして世界最小サイズ (0.5mmx0.5mm (*1)) のUI Drawing Engine IPコア「製品名:ant」を開発しました。
    現在主要なスマートフォンに搭載されているGPUと比較した場合面積比で1/20 (*2) を実現しながら、今後ウェアラブル機器等で求められる高度なGPUグラフィックス機能を搭載しています。なお、当製品は2014年8月29日(金)に開催する当社主催のComputerVisionセミナー2014にて技術紹介をいたします。

    背景

    今後急速に普及が進むウェアラブルやIoT (Internet of Things) デバイスでは製品の差異化を図るうえでユーザインターフェースの重要性が増しています。また製品が多機能、高機能化する一方で小型・軽量化が進んでいるため、搭載される半導体のさらなる低消費電力化が求められます。ユーザインターフェースの1つとして搭載されているディスプレイも解像度の飛躍的な向上や製品の高機能化に伴い表示される情報量が増大し、多種多様なフォント、地図、映像の精細かつスムーズな描画を可能にする高性能且つ超小型のGPUへのニーズが高まっています。
    そうした中、当社では、任天堂3DS™携帯ゲーム機や多くのコンシューマー機器で実績のある低消費電力、高性能、省コアサイズのGPU技術をベースに世界最小0.5mm x 0.5mmのGPU IPコアUI Drawing Engine「製品名:ant」を開発しました。現在、2014年度中のIP提供に向け、準備を進めております。

    特長

    ・GPUとして世界最小のコアサイズ
    最近の半導体で大きな面積を占めるGPUのコアサイズを低減することで、シリコンコストの低   減、パッケージの小型化に貢献します

    ・低消費電力
    消費電力が小さくウエアラブル機器等のバッテリーの長寿命化に貢献

    ・高い描画性能
    細かな文字やアイコンの高精細化とスムーズな画面切り替えに貢献

    ・歪み補正
    メガネや時計など曲面ディスプレイへの描画を補正

    用途

    スマートウオッチやスマートグラス等のウエラブル機器、ホーム機器、家庭用ヘルスケア機器、医療機器、ロボット、家電、リモコン・スイッチ

    適用製品イメージ図

    watch_imageglass_image_map

     

    用語説明

    *1: TSMC 28nmプロセスで実装した場合のコア面積
    *2: 当社調べ


    ■ 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル (DMP) について

    2002年7月の創業以来、DMP (東証マザーズ: 証券コード3652) は、ビジュアル・コンピューティング分野で世界的なリーディングカンパニーになることを目指して、組込機器向けの高性能且つ小型GPU及びコンピューティング技術の研究開発を続けております。世界初や世界最小といった他社には真似のできないビジュアル・コンピューティング製品を次々と世に送り出し、ゲーム機やカメラといった民生製品や自動車、OA機器、産業機器、ヘルスケア製品などあらゆる分野に貢献を続けて参ります。
    尚、DMPは、OpenGL® ES・OpenVG™の仕様策定を行なうKronosグループ並びにComputerVision技術の活用の促進をはかる業界団体「Embedded Vision Alliance (EVA)」のメンバーです。

    ©2014 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル DMP、DMPロゴは株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルの登録商標です。その他記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

    ■ 本件に関するお問い合わせ先

    株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル
    担当: 梅田 (営業・マーケティング)
        伊藤 (IR)
    TEL: 03-6454-0495
    MAIL: info_06@dmprof.com
    WEBサイト: http://www.dmprof.com/contact/

PAGE TOP